SSブログ

パートのおばちゃんのかみさんに感謝 [日記]

かみさんは、僕の卒業した大学学科の一年後輩で
最初に妊娠した時に仕事を辞めて、下の子が幼稚園に入った頃から、
その時々の事情に合わせて時間を増減させながら、今はパートタイムで働いている。

時々、
「かみさんが動物病院を開業してた未来もあったかもなぁ。そしたら大変だったろうなぁ。」
と思うことがある。
僕が子育てや家事に協力的だったり、子供がいなかったりしたら、かみさんの人生は
もっと華々しく豊かなものにものになったのかもしれない、と思うと申し訳ない。

女だというだけで(というのは言い過ぎかもしれないが)子育てや、
母が介護施設に入るまでのこと、義父の最期までのことなど、
かみさんのキャリアを犠牲にして任せていたことがある、、、と僕は思っている。

世の中で、(特に高校や大学で知り合って結婚したなんて人)
「俺が食わせてやってる」
みたいなこと言ってる人いるけど、よくそんなこと言えるな。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宛先間違いメールが来たら教えてあげるかどうか [日記]

nakagami@gmail.com というメールアドレスを使っている。
google が gmail を始めた時に作ったアカウントで、googleがそのサービスを使い続けるとも限らなかったので、
最初は、とりあえずとった、という感じだった。

当時はメールアドレスにしか使い道がなかったが、そのうち、google で色々なWebサービスができたり
oauth 認証で他のアプリに連携するようになったりして、こんな大事なものになるとは思ってなかった。
他人にメールアドレスを口頭で教える時にも便利。

こういうメールアドレスには、全国の nakagami さん宛の間違いメールが届く。
今日も、中神工務店宛の業務の間違いメールが来た。

以前は、間違いだって返信するのも気まずいし、届かなかったらわかるだろうからと思ってほっておいた。
最近、間違いですよというメールを送ると感謝の返信が来たりするので、
怪しくない、(なぜそうなっているかはわからないが)間違ってきたメールには返信するようにしている。

それにしても、ああいう間違いメールは、メールアドレスを教える方が間違えてるんだろうか?
送る方が勝手に(思い込みで)間違えているんだろうか?

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

駆け出しエンジニアが会社を辞めることについて [日記]

今日も、twitter で
「公務員辞めて未経験からソフトウェア開発会社に入って4ヶ月で辞めてフリーランスになった」
という話が炎上してた。
https://togetter.com/li/1774201

(誤解を招かないように書いておくと、これから書く話は自分の所属する会社の話ではありません)

新型コロナのご時世で経営の苦しい会社が多い中 IT業界はリモートで働くことができることもあり景気も落ち込まず、ということからか、3K職場の典型だったのに、最近は人気業種らしい。
隔世の感を禁じ得ない。
よって採用は難しく、小さい会社ほど経験者を採るのは難しいので、未経験者でやる気のある人を・・・ということになるようだ。
新たに人を育てるのって、ほんと大変なので、業界に新しい人を参入させてくれるそういう会社には頭の下がる思いだ。

で、そんな未経験で入った人が数ヶ月経ったらいきなり辞める、という話もよく聞く。
未経験で拝み倒して入社した人は数ヶ月で辞める時に、
「踏み台にしてやったぜ」
「さらにステップアップを」
と思うのかもしれないが、採用した側から見ると、
「裏切られた」
というよりも、
「まだ何もできないのに、勘違いさせてしまって申し訳ない」
「次の職場で挫折せずにやっていけるかなぁ」
「自分のところで新しいキャリアを始めさせてしまったので、今後うまく行かなかったら責任を感じる」
という思いのが強いんじゃないかと思う。
だから、辞めてもたまに元気な様子で連絡とってくれたりすると嬉しい。
そんな人滅多いないけど。

IT業界は転職を重ねているので、転職するのはお互い様だけど、
失敗した転職を経験した人の数も多くて、心配しちゃうんじゃないかな。
少なくとも、僕はそう。

そもそも、転職していく人って、自分はもう十分一人前だと思うんだろうか?
ここで学ぶことはもうないから次のステップへ・・・と思うんだろうか?
業務経験がなくて数ヶ月では、はたから見ると「ようやく慣れてきたな」って

あと、若い人にはフリーランス指向というのがあるみたいだけど、あれもよくわからない。
自由な働き方っていう感じがするのかなぁ・・・
サラリーマンは法律に守られてるから、サラリーマンがお勧めなんだけどなぁ
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パラリンピックも終わった [日記]

https://nakagami.blog.ss-blog.jp/2021-08-09 の続き。

新型コロナの何回目かの波が来て、どうなることかと思ったが今はピークを超えてようで、大会に関係している人の大きな感染もなく、無事終わったようでホッとした。

今までのパラリンピックがどうだったか思い出せないが、感動を売りにしたり、涙を誘ったりしないで、みんなが競技として見ていたのが良かった。
同じクラスの競技でも障害の状況は人それぞれで、その中で各自が工夫して勝負に挑んでるのが、オリンピックとは違った面白さがあった。

今回のパラリンピックで日本のメダルは過去2番目に多かったようで何よりだが、確認してみると、中国のメダル数がめちゃめちゃ多い。
中国は民主的じゃないとか言われてるけど、障害者スポーツの面では、共産主義国の面目躍如なのかなぁ。

日本は、国別のオリンピックのメダル獲得ランキングと比べると、パラリンピックのメダル獲得の余地は、まだまだあるんじゃないかな。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分ができないことの整理 [日記]

(昨日の続き)
プログラミング関連で、自分ができないこと、知らないことを振り返ってみた

- 挫折したプログラミング言語→ Perl, PHP, Scala
- 学んだことない(避けている)プログラミング言語→Ruby COBOL
- JavaScript フレームワーク Vue.js とか、React とか
- Swift, Objective-C, Kotolin とスマートフォンアプリ開発の知識
- css フレームワーク

PCよりスマートフォンからのアクセスが多い今の世の中で、
ほんとはスマートフォンでのプログラミングができるといいんだろうなぁと思いつつあまりにも知らないことが
多くて、これから初めても良い成果が得られることはなさそう。
フロントエンドもバックエンドもできたら、一人でなんでもできて楽しいんだろうけど
スマートフォン開発は、iOS Android のバージョンが上がるたびに変わっていきそうだし・・・

Vue.js や React も、どんどん新しいものが出てきてついていけなさそう。
そもそも、node.js とか webpack とか知らなきゃいけないことが多すぎるよ・・・
Vue.js や React は無理そうだけど、elm は覚えることは少なそうだから、世の中に elm が流行らないかなぁと思っている。

自分は、Unix で OSF/Motif Windows で MFC でプログラミングした時期もあった。
「俺は、これで一生食いっぱぐれないぞ」
と思っていたが、使われなくなると一瞬で使われなくなってしまった。
なので、クライアント(GUI)プログラミングが、ある日なにかの大変革が起きて js 駆逐されないかなぁなんて淡い思いを抱いているけど、
逆に VS Code が Electron で書かれるくらいに JavaScript に駆逐されそう。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新たにプログラミングを学ぶことのおわり [プログラミング]

新しく出てきたり、昔からあったにしても新たに脚光を浴びるようになったりしたプログラミング言語を知ると、読み書きできる程度にマスターしたくなってくる。

自分でもはっきりとはわからないけれども、以下のような理由からだと思う。

1. 急に仕事でやれと言われても困らないように準備しておきたいという気持ち
2. 自分の知っているプログラミング言語よりもずっと素早く効率的に書けて知らないと損するんじゃないかという恐怖感
3. 世の中が、その素晴らしいプログラミング言語を使うのが当たり前になって転職できなくなる

3. は 1. と同じかもしれない。
最近、仕事で使うか使わないかわからないプログラミング言語を労力を割くのがしんどくなってきている。
前よりも、理解も遅いし。

今、仕事では Python を使っている。
会社で、Python をメインに使っていくことはこれからも変わりそうにないし、定年まであと10年くらいで、ライブラリの充実度を考えると、自分がこれからあえて他のプログラミング言語を使うことになるとは考えづらい。

そうすると、これから新たにプログラミング言語を学ぶよりは、自分がある程度書けているプログラミング言語の練習をする方がいい年齢になってきたかなと思う今日この頃。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Julia の missing と nothing [julia]

Julia の Missing 型の missing という値は、計算結果が全て missing に
なるという代物で、 SQL の NULL に相当する、とのこと。
https://docs.julialang.org/en/v1/manual/missing/
比較演算子の結果も missing になるけど、isequal() で missing 同士の同値チェックはできる。
julia> a = missing
missing

julia> b = missing
missing

julia> a + b
missing

julia> a + 1
missing

julia> a == b
missing

julia> isequal(a, b)
true


他に、似たようなものとして、 Nothing型の nothing というものもあって
そっちは、何か不正な値を表現するものらしい。
演算すると例外が発生するが、 == で比較すると同値として true が返る。
julia> a = nothing

julia> a + 1
ERROR: MethodError: no method matching +(::Nothing, ::Int64)
Closest candidates are:
  +(::Any, ::Any, ::Any, ::Any...) at operators.jl:529
  +(::Complex{Bool}, ::Real) at complex.jl:301
  +(::Missing, ::Number) at missing.jl:115
  ...
Stacktrace:
 [1] top-level scope at REPL[13]:1

julia> isequal(a, nothing)
true

julia> nothing == nothing
true


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

同じメソッドで異なる型を返す(Rust) [Rust]

データーベースドライバーを Rust で書きたい、というところから
「同じメソッドを呼んだら文脈によって返す値の型(値)を変えたい。そんな動的プログラミング言語みたいなことできるの?」
と思い、これ https://nakagami.blog.ss-blog.jp/2021-08-15 を発見したんだけれども、どうもこれじゃなくて・・・

こういうふうに、結果の型をパラメータにする trait を定義するとやりたいことができるみたい。
https://gist.github.com/nakagami/d6beaf223bbee2e4d6780d7438917dd4

ライフタイム注釈も、型を制限してるようなもんだし、型パラメータ難しい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モデルナ(1回目) [日記]

KIMG0037.JPG長いこと「予約取れねーなー」と思っていたが、最近ちょっと混雑度が減ったのか、(もちろん、18:00の開放時間にスタンばって頑張って取るという状況は変わってないが)今週の月曜に奇跡的に予約が取れた。
大手町の大規模接種センター。
僕以外の家族も、この大手町の大規模接種センターだったり、市の医療機関だったり、職域だったりで、予約は取れたという状況(まだ打ててないけど)。

竹橋の駅降りたら、もうホームに「4番出口はこちら」的な貼り紙があって、それにしたがって出口出ると、すぐわかるようになっていた。朝9時の回だったが、8時半少し前について、案内されるままにずんずん進んでいったら、15分くらいで打ち終わって、15分待機して帰った。

ものすごいたくさんの人がバンバンワクチン打って(打たれて)いた。
ちょっと不思議な一体感あった。
ワクチン反対派とか、コロナ懐疑派とかたくさんいるみたいなことをテレビのワイドショーでやってるが、多くの人は、自分のためにも周りのためにもワクチンを打とうとしてるんだなぁと嬉しくなった。

新型コロナとの対決は劣勢だけど、(昨日あたり、過去最高の新規感染者25000人/日くらい)ちょっとだけ希望が持てた。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感