SSブログ

GitHub Actions で MySQL を使う [日記]

https://nakagami.blog.ss-blog.jp/2021-02-06 の続き

MySQL 8.0 の場合、この回答
https://stackoverflow.com/questions/58222386/github-actions-using-mysql-service-throws-access-denied-for-user-rootlocalh

MySQL 5.7 の場合、これを参考にすれば良さそう
https://freek.dev/1590-how-to-use-a-mysql-database-on-github-actions

PyMySQL では、 データーベースサーバーのバージョンと Python のバージョンのマトリックスで、ちゃんとやっている
https://github.com/PyMySQL/PyMySQL/blob/master/.github/workflows/test.yaml

PyMySQL みたいにちゃんとやるのは大変そうなので、MySQL 8.0 でだけテストするようにした。
https://github.com/nakagami/CyMySQL/blob/master/.github/workflows/test.yml

これで、CyMySQL が travis-ci から脱却できた。ありがとう travis-ci
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

義姪の焦り [家族]

先日、義姪からかみさんに LINE が来た。
質問は、僕に向けてのものだった。

この春休みに3週間くらい時間があるので、プログラミングスクールを受講したいがどんなところがいいか?
という内容だった。

(そういえば、半年くらい前に Ruby だか Ruby on Rails だかが義姪の MacBook で動かないと言って、息子がなんか相談されてたなぁ・・・)
プログラミングスクールは評判悪いので、Progate か (Python だけど) PyQ をお勧めしておいた。

返ってきたのは
- Progate の、Ruby on Rails は、以前やってみたがわからなくて、今は、Progate で HTML とか CSS の勉強をしている
- Web デザインは美術系の学校の子には敵わなくて、それ以外の強みが欲しい
という返事だった。 (Ruby on Rails と言ってたのは Progate だったか)

強み?英語が得意だったはずだが?
Web デザインでは美術系の学生に敵わないなら、プログラミングは情報系の学生には敵わないのでは?
就職でアピールする強みのために、全くバックグラウンドのない文系学部の学生が Ruby on Rails は無理では?
プログラミングなんて、やる人は「どのスクールがいい?」 なんて悩んでる暇があったらやっているものでは?

・・・悩める20歳の女性にそういうことは言わず、結局、
「IPA の情報セキュリティマネジメント試験をやってみれば」
と提案して
「やってみる」
との回答を得た。
「そんな、資格試験じゃダメで、生きたスキルを身に付けたい」
と言われなくてよかった。
おそらく、情報セキュリティマネジメント試験もかなり難しいと思うが、スクールでプログラミングを学ぶよりは糧になるだろう。

その後、義妹からも、かみさんに LINE が来てた。
今度の4月に大学3年になるので、周りの子も就職について考えてて、色々言われてて、ちょっと病んでるかも、とのことだった。

我々には評判の悪いレベルの低いプログラミングスクールも、需要があるんだなぁ。

なんか、今時の大学生大変だなぁ。
息子は(今時の大学4年生で4月には社会人だが)、3年の時に就職ガイダンスを受けた後、ほぼ何もしなくて、進学するのかなーと思っていたら、4年になったらちょっとだけ就職活動して、いくつも落ちた後、一社内定がいただけたところで、あっさり就職活動を終えてしまった。
義姪は、業界研究とかして、いくつも内定が出ても、「もっと上を」目指しちゃうんだろう。
息子には、義姪の爪の垢でも飲ませてやりたいが、一方で、義姪には、会社は入ってみないと分からなし社会情勢で変わっちゃうので、自分の興味のあることや、楽しいことや、得意なことを考えるのがいいよ、と言ってあげたい

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GitHub Actions で、Rust のプロジェクトをテストする [プログラミング]

GitHub Actions は、使ったこと無かったのだが、重い腰をあげてやってみる。

https://github.com/nakagami/awabi の Actions タブを開くと
「Rust」の workflow が suggest されているので
「Set up this workflow」を押下「Start commit」→「Commit new file」
で master ブランチにファイル追加
rust-github-actions.png
awabi/.github/workflows/rust.yml が作成され、しばらくすると、テストが実行され、ステータスが Failure になる。
なるほど、ファイルが追加されたら、他になにか設定しなくても動くんだ。
rust.yml の内容から、 master ブランチの push と pull request の時に実行されるということはわかった。

Fail するのは、 mecab-ipadic-utf8 が無いからなので、 rust.yml に、 sudo apt install mecab-ipadic-utf8 を追加
https://github.com/nakagami/awabi/commit/59221cb4f47dbd6ebf016928f90388e2662a443e

これで Success するようになった。

Rust のプロジェクトは cargo test でテストするように決まっているので、 GitHub Action での CI は、このパターンでいけそう。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Firebird 4.0 RC1 released [Firebird]

毎年の Firebird Advent Calendar で
「今年も 4.0 RC1 は出ませんでした」
が風物詩になっていたが、ついに出た。
https://firebirdsql.org/en/news/firebird-4-0-release-candidate-1-is-available-for-testing/
https://www.firebirdnews.org/firebird-4-rc1/

Firebird 3.0 が最初にリリースされたのいつだっけ?と思って調べたら2016年4月だった
https://firebirdsql.org/en/news/firebird-3-0-is-released/

希望を言えば、今年中に Firebird 4.0 がリリースされて、 Ubuntu 22.04 に Firebird4.0 のパッケージが含まれると嬉しいが、難しいと思っている。

とにかくリリースできてよかった(ファイナルリリースは、計画も含めて、時期はまだ未定だけど)
OSS の RDBMS といえば、 MySQL (と MariaDB)と PostgreSQL が有名だが、選択肢は多いほうがいい。

Firebird3.0 の当初の計画で実装される予定だったレプリケーションのなど機能が 4.0 で実装されているはずで、もう10年くらいかかっていると思う。
RC1 以降は、サーバーとクライアントでやりとりするワイヤープロトコルの変更はないと思うので、データーベースドライバの 4.0 対応のゴールが見えた。

後でリリースノートを読む。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Julia の書籍 [読書]

1から始める JuliaプログラミングJuliaプログラミングクックブック ―言語仕様からデータ分析、機械学習、数値計算までJulia 関連の書籍2冊読了。
日本語で読めるもので、めぼしいものは、探した感じ、この2冊だけかな、と思う。

「1から始める・・・」の方は、小版で 200ページ弱なので、割とすぐに読める。
何も前提知識がなくて、英語の情報だけで新たに始めるのが大変な自分のような人には、きっかけとしていいんじゃないかと思う。

「・・・クックブック」の方は、原著は Julia 1.0 Programming Cookbook の Packt publishing の本。Cookbook なので、全部を必要なところ読む必要なく、自分もよくわかんないところは読み飛ばしたけど、あった方がいいかなぁと思う。
1.0 と、最新の 1.5 で、どこがどれくらい違っているのかはわからないけど、書籍としては、1.2 を参照しながら翻訳しているみたい。日本語版補遺として 0 章に入門の章あり。(ただし、この0章だけで、「1から始める・・・」の内容をカバーするのは無理)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

朝起きたら核戦争は起きてなかった [日記]

朝起きたら、無事バイデンさんの就任の行事が行われているところだった。
良かった、大統領の任期ギリギリにトランプさんが核のボタンを押すことはなかったんだ。

大統領の就任式に前大統領が参列しないのは 152年ぶりなんだそうである。
全米に(特にワシントンDCに)州兵が配置されたせいか、暴動も起きてなかった。
バイデンさんは政治家経験の長い実務派の大統領なんで、この4年でアメリカを立て直してくれるといいなぁ。

トランプさんが一期4年の間大統領を務められたのは、ちょっと意外だった。
4年前の就任直後にも、
「メキシコの国境に壁を作る。金はメキシコに払わせる。」
と言っていた時には、とても4年間持つとは思えなかった。

多くの閣僚が(頑張ったけど、最後は、もうやってられないと)辞任していく中、結局4年間在任したペンス副大統領はすごく頑張ったんだろうなぁ。
ペンス副大統領、トランプさんの退任式は欠席して、バイデンさんの就任式に出席したそうである。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Julia の第一印象 [julia]

文法は Python に似ている。もっというと、型が指定できてそれがコンパイルしてバイナリになって速く動く Cython に似ていると思った。
自分は Ruby はわからないけど、おそらく Python や Ruby と言ったスクリプト言語書いている人ならとっつきやすいのでは。

- 配列のインデックスが1始まり
- クラスとかメソッドとかはなくて、関数の引数の型によって同じ名前でも呼ばれる関数が変わる(多重ディスパッチ)でオブジェクト指向的な処理が書ける
- 配列は多次元配列が基本で、Python でいうところのリストは、1次元の配列
- C, Python, R などの実装を呼び出す機能が充実している

というあたりが特徴的かなと思っている。
もっと慣れてくると違うことを感じるかもしれないけど。

数値計算をしない(数学がわからない)ので、そうすると Julia を使うメリットは自分にはそれほどないのかなと思っている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Github で個人の成果物を公開していない人が意外といる [日記]

自分が、最初に github にリポジトリを作ってから10年くらい経っているらしい。
最初は、Git でソースコードを公開できるサイト、としか思っていなかった。それはそれで便利でありがたかった。
僕が就職して最初に書いた課題(エスケープシーケンスで less ぽい機能を C言語で書いた)は消失してしまった。
中学の頃にさかのぼって、最初に書いた BASIC のプログラムは動かなくても、今見れたら楽しいだろうなぁと思う。

まさか、このアカウントを使って、企業のプライベートリポジトリで仕事のコードを書くようになるとは思っていなかった。
IT業界と言っても多様で色々あるとは思うが、Github のリポジトリ、Issue、Pull Request で仕事している人、多いと思う。

んでもって、その仕事のリポジトリに、個人のアカウントで参加することが普通になって来ている。
https://techblog.zozo.com/entry/github_sso

そうすると、個人が公開しているリポジトリが、仕事で同じ案件をやってる人が知ることになると思うんだけど、何も公開してない人が結構いて、残念だな、もったいないなと思う。
練習で書いたコードでもなんでも公開すればいいのに・・・
人に見せるようなすごいものはないから、恥ずかしいから、ということなんだと思うんだけど、もっと気軽に公開すればいいのにと思う。

僕は、ちょっとした覚え書きみたいな「動く実装を書いた」みたいなものも個人情報とか企業秘密とかなければ公開している。

タレントでプログラマーだという池澤あやかさんのリポジトリ https://github.com/ikeay には
- 大学生の頃に書いた蚊をハエたたきでつぶすゲーム
- 引用ツイートを(おじさんに)やめてもらうためのBOTを書いて炎上したやつ
などがあって面白い。

Eテレのスマホの使い方を勉強する番組の番宣見たりした時に、
「この人、twitter BOT 作って炎上したんだよなぁ」
とニヤニヤしてしまう。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トリアージ [日記]

昨日、テレビで木村太郎さんが
「厳密なトリアージをやって、年寄りを先に入れるとか、病状のある人を優先的に入れるとか、そういうことをやっていかないと。」
と言っていた。
https://www.daily.co.jp/gossip/2021/01/17/0014013234.shtml

年寄りや病状の重篤な人(あと基礎疾患ある人)は優先**しない**のがトリアージで、木村太郎さんはトリアージを間違って理解していると思う。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しいプログラミング言語を学ぶこと [julia]

年末年始に Julia の本を読み始め、少しコードを書いて、これはいけるかな?と思っているところ。

過去 Perl, PHP, Scala は、何度本を読んでもしっくりこなくて、少しコードを書くところまで行かずに挫折してしまった。
条件分岐、式、関数あたりの説明を読んで理解したつもりでも、
「僕の知っている言語だとこう書くけど、新しいこの言語ではどう書くのか?」
という時によくわからない場合があって、そうなると挫折ということになる。
仕事で、どうしても必要になったらまた違ったかもしれないけど、今となっては Perl, PHP, Scala を僕が書くことはなさそうなので、これらはマスターできないまま終わってしまった。
結構時間かけたんだけどなぁ。
Julia は、ちょっと書いてみて雰囲気掴むところまで来たので手応えある。

「このプログラミング言語がすごい」みたいな話を聞くと気になっちゃうけど、僕の残りの人生の時間と、新しく学んだプログラミング言語で書く成果まで考えると、もう(Juliaの次の)新しいプログラミング言語の習得は無理なのかなぁと思う。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感