So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

janomecabdic ができるまで [Python]

これは、昨日開催された (第104回)Python mini Hack-a-thon https://pyhack.connpass.com/event/147489/ で発表した janomecabdic の記録です。

janomecabdic という janome から MeCab 辞書を使って形態素解析をするアドオンパッケージを、昨日 PyPI にアップロードしました。

https://pypi.org/project/janomecabdic/
https://github.com/nakagami/janomecabdic

MeCab が辞書検索に Double Array というアルゴリズムを使っていることは以前から知っていましたが、先月くらいになって、 MeCab の Double Array で検索(と辞書の登録)する部分が、切り出されてテンプレートライブラリー化されていることを知りました。
http://chasen.org/~taku/software/darts/
「サンプルプログラムが動かねーなー」
と思っていたら、動かしている人を発見、
http://sucrose.hatenablog.com/entry/2012/09/28/121408
自分でも、短いサンプルを書いて、動作することを確認できました。
https://gist.github.com/nakagami/3ca60a82337ed66590d7e70a52efe352

janome では、同様の辞書検索を FST というアルゴリズムを使っていますが、
https://github.com/mocobeta/janome/blob/master/janome/dic.py
この↑へんの処理と同じことをする処理に差し替えれば、動きそうだぞ、ということもわかってきました。

・・・そうは言っても、 template ライブラリを読み解いて、コンパイル済みの辞書のバイナリフォーマットを理解して検索する処理を書かなくてはいけないのか?と思ったんですが、Cython でdarts のテンプレートライブラリを呼べることや、 C++ で、自分で定義した構造体、std::vector や std:pair を返す関数を書くと Cython がいい具合にマーシャリングしてPython に結果を返してくれることがわかりました。
Cython 凄い。

そんなわけで、最初に強いモチベーションがあったわけでなく、順番に調べていくうちに janomecabdic が完成しました。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

So-net ブログから SSブログへ [日記]

先ほど、今月初めての投稿をするまで気づかなかったが 10/1 からドメインが変わって
アカウントもプロバイダに結びついたものから、ブログサービス独自のものへの移行が必要になっていた。

https://blog-wn.blog.ss-blog.jp/2019-09-11
「ドメイン変わるのやだなー。いつまで旧ドメインからリダイレクトしてくれるかなー。」
「blog.ss-blog.jp って blog が2つついててダサいな」
と思う一方で、 ISP に紐づいたサービスから、独立したサービスになったのはよかった。
これで、気兼ねなく ISP を切り替えられる。(いまのところその予定はないけど )

無料のブログサービスは勢いで始めたけど収益にならずに終わってしまったところも多く、終わらないで欲しいんで、ドメイン変えてでも続けてくれていることはありがたい

ところで、以前作ったブログをもうずっと更新してない人も多いと思うけど、今回、アカウントを移行した人が何割くらいいるのか気になるな。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風15号と19号 [日記]

先月、千葉を通過した台風15号は、特に千葉市以南に甚大な被害をもたらした。
幸いにも、うちの近所は目立った被害がないように見えたが、近所でも屋根の一部が飛んだという話も聞いた。
実際、娘の高校の体育館の屋根が一部飛んで、まだ体育館は使えてない状態。
「おそらく、自分が経験した一番大きな台風だったなー」

・・・と思ったのだが、昨日上陸して通過していった 19号があっさりその記録を抜いてしまった。

15号の時にJR の計画運休が混乱を招いた反省から、19号が上陸する前日の早い段階で運休の予定が伝えられ、新幹線は終日、在来線はおおむね午後から運休、ラグビーの試合中止など、かつてない体制が敷かれた。

明けて NHK のニュースで台風の被害の様子を見ると、大きな被害だったなーと思うし、亡くなった方にとっては被害の大小なんて関係ないが、それでも、事前の準備のおかげで被害は最小に済んだように思う。
首都圏の一級河川は何度も氾濫しているそうだが、昔に比べて、治水対策が進んでいることを実感した。
つい最近八ッ場ダムが完成したらしいが、早速役に立ったようだ。

よく 100年に一度の災害などといわれるが、気候変動のせいで、この規模の台風が毎年のように来るようになるのかもしれないと思う。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クロさん死んじゃった [家族]

うちに来た動物が死んだときには記録するようにしているので記録しておく。

かみさんが働いている動物病院に引き取り手のない老婆の黒いトイプードルが来て、しばらく動物病院で飼われていたが、居場所がない状況になっていたらしい。
ある日、かみさんが意を決したように、
「飼っていい?」
というんで・・・もう聞かれた時点で負けだった。
幼稚園児でなく、40過ぎたおばちゃんに言われて「だめだ」とは言えなかった。

年老いて、痩せて毛並みは貧弱でだいぶ白くなっていた。目も白くなっていた。
見るからに老い先短い感じで
「どうせ飼うなら、もっと若い恵まれない犬もいるだろうに。かわいくないし。」
と思った。
かみさん的にも、心臓もだいぶ肥大化してるのですぐに死ぬんだろうと思ってたようだ。

数カ月ももたないと思っていたが、その6~7年間暮らした。
少し驚いたのは、そんな貧相でかわいくない犬を子供たちがかわいがっていた。
家族で一番動物好きでないのは僕のようだ。

最後、自分では立てなくなって、かみさんに水と、食べられなくなった時用のフードをもらって、
昨日までは、文句をいって鳴いていたがので、もう少し持つのかと思ったら、今日亡くなった。

うちに来てからの晩年は、幸せだったと思うよ、クロさん。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

職業プログラマの仕事も変わったなぁと思う [日記]

あくまでも、中小の受託開発会社の社員(僕)の比較で・・・

「○○の処理を実装する」
というときに、25年くらい前の自分は、その処理に必要なロジックを書いた。

今、自分はまず「○○の処理」をいい具合に処理してくれるライブラリーはないかなぁーと探す。
Python で書いているので PyPI を探すと、たいがい検討に値するパッケージが数個は見つかる。

その中で
- 多くのユーザーが使ってそう
- 継続して開発されてそう
- ソースコードがちゃんとしてそう
など検討して、試しにサンプルコードを書いて、一番よさそうな選択をして、

Webフレームワーク(Django)の POST や GET で渡ってきた引数をいいように加工して、その検討したパッケージを呼び出し、戻ってきたあたいを Webフレームワークの流儀に従ってHttpResponse にして返す。

気がつくとプログラムをほとんど書いてない。
書くことよりも、読むことが必要とされる。
複雑なプログラムを破綻なく書ける力よりも、いろんなライブラリを知っている博識さが必要とされる。

パソコン少年のなれの果てとしては、難しい処理を自分で書いて、うまく動作したら喜ぶみたいな仕事がしたいが、世にあるライセンス的に問題ないライブラリを使うほうが職業プログラマとしてあらゆる面で正しいので、素いう言うわけにはいかない。

近い将来、僕程度のプログラミングスキルが義務教育で多くの人に課せられるようになったら、プログラマーという専門職はいなくなって、今、Excel で集計するような感じでみんながプログラミングするようになるのかなぁ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さようなら豊橋のみそらーめん [日記]


ちょうど10年前に、豊栄のみそらーめん食べていたらしい。
https://nakagami.blog.so-net.ne.jp/2009-08-14
その後、豊栄はコンビニになってしまった。

しばらくして、豊橋駅の地下道の田楽で有名なお店で、同じ太麺で、同じ味の味噌ラーメンを
売っていることを発見し、実家に帰るたびに寄っていたのだが、今日行ったら
「みそらーめんはなくなりました」
とのこと。ショック。

あの味の味噌ラーメンどっかにないかな

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

52回目の誕生日 [日記]

50歳の誕生日は
「ついに大台に乗ったかー」
という気持ちでいっぱいで、
先のことを考える余裕がなかったが、52歳の誕生日になると、
「60歳が射程に入ってきたなぁ」
という気持ちのほうが大きい。

僕が子供の頃のサラリーマンは55歳定年が普通だった。
就職する頃には、55歳定年のところでも企業は60歳まで雇用する努力をしましょうとなっていた。
僕が入った会社は 60歳定年だった。そのときには定年を迎えた実績はなかった。
今の会社は 65歳定年だが、定年を迎える前に延長されそうな気もするし、退職金はないし、迷惑かけながらしがみつく気もないので、実質的に役に立つ間はいられるだけいられる気もする。

僕の一番身近なサラリーマンだった義父は、58歳定年だったが役員になったので 63歳まで働いた。
僕の年齢であれば、役職定年を超えてる人も多いし、銀行に就職した人は、出向、転籍になっていると思われ、そうしてみると、僕もすでにピークは過ぎていて、なんとか 60歳くらいまでは頑張って、あとは体力、能力的に大丈夫で迷惑かけない程度に働ければいいのかな。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本生命のご契約内容確認活動はダメな活動 [日記]

生命保険の払い戻しが適切におこなわれていないとかいうのが保険業界で問題になったときからだと思うが、日本生命が「ご契約内容確認活動」として、営業が会いたいといってくるの実にうざいのでやめて欲しい。

かならず、
「ガンになったときの払い戻しの特約が・・・」
など、僕が加入したときにはなかった特約の話を持ち出すなどして契約の変更など提案してくる。
要は、お客様サービスと称した営業活動だ。
そういう新しい特約の説明なんか何回も聞いているし、ガンとわかって死ぬまでに生活するくらいのお金はありそうなので、契約しなおす気もない。
保険料率なんて確率と金利でで決まっているから、寿命が上がって金利が下がった今、契約しなおしていいことはほとんどないと思っている。

そうはいっても生保レディのお姉さんのポイントが付くので、アポ取りに必死だ。僕もかわいそうかと思って話を聞く。
僕が、めんどくさいんで会わないと言ったら、入社1年目とかで、営業所長に怒られちゃう。
生保レディの子のお父さん、僕と同じくらいの歳なんだろうなぁ。娘がちゃんと仕事できてるか心配してるだろうなぁ、、、
もう親目線である。

トータルで考えると、売り上げはちょっと増えるのかもしれないけど、人件費を考えたら赤字だろう。
日本生命の利益にもなってないし、顧客の満足度は下がっている。
ご契約内容確認活動に対するインセンティブ設計は間違っている。

今日は、10時って指定されて途中電話が入って結局着いたのは10時半だった。次の立ち回り先にもお詫びの電話してんのかな?
生保レディのあのタブレット自前って聞いたけど、土曜日の営業活動の代休とかあるんだよね?

大量に女性を雇って親戚が契約とったら30歳前でやめるという昭和の業態とご契約内容確認活動はやめるべきだ。


娘には、日本生命に就職して欲しくないと思う。
・・・息子ならいいかというと、実際いままでご契約内容確認活動には、(ついてきたシニアの人も含め)男性は見たことない。あれって、男女雇用機会均等法に触れないの?
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みずほのシステム移行が完了した [日記]

今月の海の日を含む三連休に最後の移行を終わらせて、みずほ銀行の基幹システムの移行が完了したようだ。
20日、25日のバッチも終わって、他人ごとながらほっとした。

17年かかったとのことだが、3行が合併して子会社の時代からシステム統合については検討されていただろうから、検討開始から20年くらい経ってそう。
僕が就職した、1992年頃、バブルの名残で就職が楽だったが、銀行、証券、生保の金融業は人気で、中でも銀行はそうそう入れるものではなかった。
生涯賃金は高く、コンピューターシステムも日本で最も高度なものなんだろうと思っていた。
入れないだろうから眼中になかったが、入れてくれるなら喜んで入っていただろう。親も喜んだろうし。

結局、この20年間で銀行がやったのは貸しはがしと社内のリストラ。
システムは、外注丸投げで自分たちは銀行の業務知識もない。
今、収益の柱は金融知識もないのに年寄りに押し売りしている投資信託の窓口販売。

自分の年齢だと、役職定年で出向(その後転籍)に行かないといけない年齢だけど、株式の持ち合いは解消していて、出向先があまりない。
それでいて、日本の銀行員は金融知識がないから転職できないという評価らしい。

最近、憧れの銀行業界の生涯年収ってどれくらいだっけな?と思って
「銀行 生涯年収」
で 検索すると、
「実は、銀行業界の生涯年収はそんなに高くない」
とか出てて、ひどい話だなぁと悲しくなった。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大船渡高校が決勝敗退 [日記]

剛速球で話題の佐々木投手を擁する大船渡高校が決勝で佐々木投手を使わずにぼろ負けした。
選手は、みんな甲子園に行きたいし、監督だって行きたいのに、監督偉かったな。
大船渡から甲子園なんてなかなか行けるもんじゃない。

佐々木君に先発させるのは簡単だ。本人だって先発したいに決まってる。
160km超のストレートで有名で、プロのスカウトもスピードガン構えてみてるのに、予選の試合では、最高時速 140km前半の試合もあって、監督も、本人も体に気を使ってるんだろうなと思ってた。

佐々木君はプロに行くだろうけど、ここで投げさせなかった監督の気持ちを汲み取ってこれからも体は大事にして欲しいなぁ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -