SSブログ
前の10件 | -

Fラン大学でも行かせたい [家族]

僕が大学に入る時にはFラン大学というのはなかった。

河合の模試で偏差値35以下でも入れそう(=合否判定ができない)ということで大学のランクを「フリーランク」としたのが、そもそもの定義で 2000年頃からのものらしい。
自分の時には思わなかったが、もし自分の子供が Fラン大学しか入れなかったとしても大学には行って欲しいと思う。

ひとつは、世の中の人は大学の優劣なんて知らない人が多いということ。
息子が大学に入ったときに、近所のおばちゃんに
「どこの大学に行くの?」
と聞かれて
「東京〇〇大学です」
と息子が答えたら、(余計なことを聞いちゃったわ・・・)みたいな、微妙な空気になってしまった。
息子は日大の附属高校だったので日大だったなら、もしくは千葉〇〇大学(←いくつかある)であったなら聞き馴染みあって良かったのかもしれない。
別に腹は立たないし、どっかのFラン大学だと思われたのは構わないが(そして、おばちゃんは、もうその大学の名前は忘れているだろう)知らないなら聞かなければいいのに、って思った。
逆に言えば、大学であればどこであれ卒業する価値はあるってことだ。
就職活動だって、大きく大卒のくくりで行われるし。

もうひとつ、Fラン大学の中には、中学からのつまづきを解消して高卒くらいの学力にして社会に出してくれるところもあるらしいから。
誰でも入れる大学に入れる子は、当然ながら高校の履修範囲なんて理解してない。中学からだって怪しい。
その状態から高卒で社会に出るのはいくらなんでも厳しかろう。
せめて4年間のモラトリアムと高卒くらいの学力と大卒の資格があれば・・・

まあ、本来は中高で習得すべきことは、中高で解決してもらうべきだし(高校での留年をもっと社会が受け入れやすくするとか)
就職は、学歴(高卒 or 大卒)でなくて、本人の能力をみて決めるべきだけど、社会がそうなってないんで。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

システム開発を内製にしました、という話を聞いた [日記]

最近
「システム開発を外注から内製にしました」
という話を、直接、間接に聞くようになってきた。

それはいい話ですね、と思う。

- 優先度を臨機応変に変えられる
- 直接雇用で、費用を有効に使える
- 開発者のモチベーションアップ(良いものを作れば収入が増えるなど)
- 誰がどう役割どれくらい貢献したかがみえやすい
- ノウハウが残りやすい

と、いいとこだらけに見える。

言っちゃなんだが、我々受託開発の業者なんて社会の必要悪なんじゃないか。
インフラが AWS で用意できてデータベースも RDSみたいな managed なもので用意できるように、なったのは、内製化しやすくなった一因なんじゃないかと思う。
プログラマーは転職しやすいから、募集をかければ中途での採用もしやすい

・・・ところが、そこからしばらく経ってどうも、その内製化がうまくいってないという話も聞く。
社内下請けみたいになっちゃうのかな?
結局、採用した人がいい人かどうかに依存するんだろうけど、外注なら業者を変えればいいけど、雇用しちゃったら辞めされられないし、うまく行かないとなったらそれはそれで大変そうだな。

アメリカなんかだと内製7割、外注3割と聞くし、上にあげたように内製化のメリットはあると思うので(経理や総務が自社内にあるように)システム開発を自社でやる比率が増えていく・・・んじゃないかなぁ。
化学とか機械とかのメーカーやサービス業で働くプログラマーは、情報の学位をとった人がいいんだろうか?化学とか機械とかマーケティングとかの学位をとった人のほうがいいんだろうか?

僕は、小学生や中学生からの(さらには高校生ですら)プログラミング教育には反対なんだけど(それより数学とか英語やって欲しい)あらゆる会社でシステム開発するなら、義務教育を受ける全員がプログラミングの経験があったほうがいいのかな?
なかなかつらい時代だ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Project Tsurugi に期待しているが期待していない [日記]

NEDO の予算で、 Tsurugi という DB エンジンの開発が進んでいるそうな。

https://togetter.com/li/1787050

国内のソフトウェア開発プロジェクトなので、日本のソフトウェア開発の事例として是非とも成功してほしい。税金が無駄になって欲しくない。
贅沢は言わないので、とりあえず動くものができればいいなぁと思っている。
なんなら、SQLを実行するパーサーはできてなくても、正味エンジン部分だけでもいいんだけど・・・

でも、動くものはできなくて、ほんの少しの論文が出て終わるんだろうなぁ、とも思っている。

いつまで経っても、動くものの片鱗もみることがない。
今の時点でも机上の空論みたいな、絵に描いた餅みたいな話しか出てない。
もう、プロジェクト期間の半分以上が経過してるのに、具体的なものが何もない(何もないよね?)のにNEDO の人たちは、机上の空論みたいなパワポ資料で納得するしかないんだろうなぁ。
今までにないすごいものを作る!じゃなくて Cassandora を魔改造しました!みたいなところから始めればいいのに。

来年の今頃には結論は出ているだろう。
自分の予想が外れていることを祈る。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

変人から凡人になれた息子 [家族]

hirokiky の 30歳の誕生日をきっかけに、昨日は、不定期に数年に一度行われる未年の人が羊を食べる会が行われた。

僕は、息子の話と、ネットワーク機器リプレースのつらさの話を延々としていた。
息子の大学の 20年くらい先輩にあたる masahitoさんに息子の話をして
「息子さんは、大学に居場所が見つけれられてよかったですね」
と言われて嬉しかった。

小学生の頃は、クラスに一人はいるような落ちこぼれで、公文に行くことで数学はできたけど、社会性に乏しい息子は先生にも生徒にも、あまり理解されてなかったように思う。
(中学の時の英語の成績が悪くて笑ってしまった。英語は、これまた公文でだいぶ進んでいたし、本人は授業も真面目にやっていたと思うが、英語の先生には不真面目に見えたんだろう)

大学は、ほぼ数学だけで入った。

得意だったはずの数学は、皆んな当たり前にできていた。
そのかわり、数学やプログラミングの話を、やらされるものとしてだけでなく、楽しみとして話せる人が大学にはたくさんいた。
ポケモンサークルに入ったら、ポケモンのパラメータを延々話しても引かれない友達もいた。
古いポケモンを延々リセマラしている友達もいた。

変人だった息子が凡人になれた。
息子の本質は、これからも生きていくのに苦労していくと思うが、世の中にはあんなに同類がいるとなれば、頑張れるんじゃなかろうか。

最近は、大学の名前で採用はしないようにしているようで、いい大学なんか入っても、私立で言えば早慶以外はそんなに有利になっていないと思う。
だけど、みんな、仲間を見つけるために一生懸命勉強していい大学に入れるといいなと思う。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

式の構文解析 [プログラミング]

コンパイラとかインタプリタを書くのは、パソコン少年の憧れ。
フルスペックのプログラミング言語とか制御構文を書くのは難しいけど、いつか式の構文解析くらいやってみたいと思っている。
しかし、「やってみました」の自己満足だけでやる気力はなく、それでいて式の構文解析だけで役に立つ場面がない。

(以下、自分へのメモ)

再帰下降パーサ
https://qiita.com/nomunomu0504/items/26c02aa4a5311ddcf856
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8D%E5%B8%B0%E4%B8%8B%E9%99%8D%E6%A7%8B%E6%96%87%E8%A7%A3%E6%9E%90

Python で書かれたパーサ
pyparsing https://github.com/pyparsing/pyparsing

SQLパーサ
sqlparse https://github.com/andialbrecht/sqlparse

SQLite3のためのSQLリファレンス
https://qiita.com/tetr4lab/items/691ceeb528d6144547c8
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Rust 2021 [日記]

Rust 1.56 がリリースされ、cargo.toml に、 2021 edition が指定できるようになった
https://blog.rust-lang.org/2021/10/21/Rust-1.56.0.html

自分が趣味で Rust のコードを書くようになったときにはすでに 2018 edition が使えるようになってだいぶ経ってからなので、使える edition が上がるのは、初めてのことだ。

手元の環境と、手元のプロジェクトで

rust update stable

で Rust のバージョンをあげて cargo.toml の edition を "2021" にして

cargo test

を実行してももテストがパスするし

cargo fix

を実行しても何も変更されない。
ちょっと緊張していたのに、拍子抜けしてしまった。
・・・と思ったら git push したら github actions でエラーになってしまった。
github actions の Rust のバージョンは、1.55 だそうな。なるほど。どこに地雷があるかわからんな。
ただ、github actions の Rust のバージョンは、すでに 1.55 なんで、すぐに 1.56 に上がりそう。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MINORIの6年使ったHDDが壊れた [日記]

みずほの今年4回目のシステム障害が、HDDの故障に端を発したものだったらしい。
https://kabumatome.doorblog.jp/archives/65986596.html
オペミスとか、運用のノウハウが失われているとか、色々言われているが、
自分が最初に原因を聞いた時の感想は
「HDD 6年も使ってるのかー」
ということだった

全面稼働したのが 2019年7月13日だそうだから、まだ始まったばかりで、機材は新しいというイメージだったが
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/02566/
移行作業も長いことかかってたし、当たり前か・・・もう、次の戦いが始まっていた。
6年といえば、リース(5年)を延長してる。でも、自分が担当者だったとしてもリプレースするの怖いからリース延長しちゃったろうな(ダメだけど)。
リース延長って、1年毎にしてたのかな?まさか HDD のストレージ機器だからいきなりあと5年とか伸ばさないよな・・・
毎年、1年ごとのリース延長の決裁してたと思うけど、他のサブシステムも含めて、もう簡単には通らないな。
それはそれで大変そう。

せめて、HDD(玉)を予備的に交換すればよかったと思うんだけど、ベンダーが、同じ型番のHDDの交換しか保証しませんとか、とかいうんだよなぁ。

使ってないから大丈夫と言えば大丈夫だけど、保守用に大事に取っておいた6年前のHDD って、それはそれで不安だよな・・・と思う。
ああいう時のベンダーの「保証する/しない」ってあんまり意味ないよなぁ。
障害が発生したときに、該当ハードの交換はしてくれるけど、システム障害で発生した損害について責任取ってくれるわけじゃないから。

今更だけど、統合したシステムが始まると、それはそれで問題がいっぱい出てきて、きっと富士銀行の IBMのシステムに寄せるのが一番よかったんだろうなぁ。

これからも、色々問題が出ると思うけど、ニュースになりながら、10年とか20年とかかけて、徐々に改善していくしかないだろう。
間違っても
「こんなシステムはダメだ。作り直しだ。」
と、金融庁が言い出さないことを祈る。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TIOBE プログラミング言語ランキングで Python が1位に [Python]

毎月更新されている TIOBE のプログラミング言語ランキングの2021年10月のランキングで Python が一位になった
https://www.tiobe.com/tiobe-index/

Python が一位になったのは、たぶん初めて

C言語、Java と一位の座を争うかもしれないが、ライブラリの充実度や、 PSF による機能追加がうまくいっていることで、今後 Python が安定的に一位を維持しそう。
そして、今のところ Python を超える人気のプログラミング言語は出なそう。

いろんなところにあるアルゴリズムを説明したサンプルコードが、 Python や Python に似た言語になっていることも多くなったと思う。
まだまだ、Python でメシを食っていけることと、これからプログラミングを新たに学ぼうという人に、我田引水でなく Python を勧められるのがありがたい。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Github actions の ubuntu16.04 が削除されてしまった [日記]

いくつか、Firebird RDBMSのドライバーをメンテナンスしている。
Ubuntu16.04 には Firebird 2.5 のパッケージが、Ubuntu20.04 には Firebird3.0 のパッケージが用意されているので
Github actions でのテストは、それぞれの Ubuntu のバージョンで Firebird2.5 と Firebird 3.0 のテストをするようにしていた。

ある日、
「突然 Firebird2.5 の Github actions でエラーになってしまったぞ?」
ということになったのだが、イメージが削除されてしまったようだ
https://github.com/actions/virtual-environments/issues/3287
ショック!
僕の感覚だと Ubuntu 16.04 が出たの、ついこの前って感じなのに!

Firebird は結構古いバージョンを使っている人いるから、2.5でもテスト回したいなぁ・・・
結局、コンテナで Firebird2.5 を動かす奴を発見して、今回はことなきを得た。
https://github.com/marketplace/actions/setup-firebirdsql

趣味のプロジェクトなら自分の都合で、いかようにもできて、なんなら今回 Firebird2.5 のテストできなくなっても仕方ないなぁと思ったが、諸般の事情で、仕事で5年以上前のバージョンの OS やミドルウェアをメンテナンスする人は大変だろうなぁ。

最近、Ubuntu16.04 と Ubuntu18.04 でESM が +3年だったのが +5年になったという記事を読んだ。
https://gihyo.jp/admin/clip/01/ubuntu-topics/202109/24
Canonical のサポート受けて 10年使うぞ・・・と思っても、こういうところでサポートされなくなるので、なかなか10年使い続けるのは難しいんだろうなぁ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

COVID-19 のワクチン副反応 [日記]

https://nakagami.blog.ss-blog.jp/2021-09-18 の続き

1回目は、当日は発熱なく、翌日に 37.7度くらいの発熱があって
「やっぱ副反応ってあるんだなー」
と思う程度だった。
2回目は、当日の寝る前に 37.7度になっていて、
翌日の朝6時に起きてしまって、その時に測ったら 38.9度だった。
ピークはその時で、午前中は38度台、午後の3時頃には37度台になった。
翌々日の朝(今)は36.7度で平熱に戻った。

かみさん(ファイザー)は、1回目も2回目も翌日に37度台で
自分と同じモデルナのワクチンをを昨日打った娘は、今朝(今)38.7度。
副反応の発熱は年齢性別個人によって色々らしく、娘は自分よりも発熱続きそうなんだが、さてどうなるか。

自分のためにも社会のためにもワクチン接種は必要で、
来年には3回目もありそうだけれども、もし同じくらいの副反応が出たら社会生活をしていくのはしんどくて、
働いている人が仕事を休まなくて打ちたくないとなってしまうのを全否定することはできないな、と思った。

アルバイトで生計を立てている人やアルバイトが必要な大学生のために日当をあげられないかと思う。

(追記)
娘は結局、接種翌日に 39.5度まで上がったが、解熱剤でうまくコトントロールできていたみたい。
若い子の防御能力ってすごいな
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -