SSブログ
前の10件 | -

NFT [日記]

最近思うのは、 NFT って、月の土地を買って証明書を発行してもらったり、Second Life の土地を買ったりするようなもんで、新しいものではないんだよな、ということ。

ビットコインは発行上限の 90% に達しているそうで、
https://news.yahoo.co.jp/articles/91d47925379a279c6ea0e5fdbada5ba08c5add6e
めっちゃ掘り進んでるやん!
マイニングで利益を上げるのは無理そうで、相場の上下だけで儲けるのは難しい・・・となったら、これから限りなく価値がゼロになっていくんじゃないかな。

僕の金融系の未来予想は大体外れるけど、NFT やビットコインをはじめとする暗号資産、これからどうなっていくのかな?
結果は 2年後にはわかりそう
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子供の成人式 [日記]

娘の成人式だった

普段、着飾ることに興味なさそうで化粧もしてない娘だが、振袖を着て嬉しそうにしていてよかった。子供に人並みのことをしてあげるというミッションのひとつをクリアした。

かみさんは
「自分の成人式の時は、母に(娘から見たら祖母に)振袖着せられて嫌だった。毎年、成人の日には上野で鳥を数えるイベントがあるので、それに行きたかった」
といいつつ
「娘は、これが最後かもしれないから成人式には振袖着たらいいよね」
なんて言っていた。

自分が成人式の時も、まだ大人になる途中だったので、娘が成人式であっても、子育てが終わった気は全然しない。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

銀行の就職が人気だった時代から30年 [日記]

自分が就職活動していた時、銀行は業種で一番上だったと思う。
初任給は、他業種含めて一律になっててあまり違いないけど、
30代後半には差がついてきて 50代には、銀行内で部長か、
そうでなくても、取引先の出向でそれなりのポストが与えられるという話だった。

合併したせいでポストも少なく、株式の持ち合いも無くなったので、出向を受け入れてくれる企業もない。
最近、銀行の人気なくなっている・・・だけならまだしも、給料もそんなによくないらしい。
50代は、ポスト不足で早くやめてもらいたいらしい。
ひどい話だ。
子供が大学に入って、まさにこれからの数年間こそお金がかかるというときに。

これまでやってきた仕事は、結局のところ組織内の足の引っ張り合いか、
システム関連でトラブルが発生したら、できるだけ自分に被害が及ばないように他人に押し付けるか、
証券会社の投資信託を年寄りに売りつけるか・・・
外から見てるからかもしれないけど、楽しそうとかやりがいとか感じられる要素がない。

就職勝者だったはずの人たちが、振り返ってみるとあんまりいいことなかったなと思うと気の毒で仕方ない。
日本の大きな損失だったなとも思う。

以前ほどではないにしても、いまだに銀行の就職人気が高いのは
親(僕)の世代が「立派な会社に入ってくれた」と喜ぶからではないかと思うので、
就職を控えた人たち、親の進めにしたがって銀行に行かない方がいいと思う。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(プログラマーのではない)定年の歳 [日記]

年が明けて、数え年で 56歳になった。
今年の誕生日で満55歳になる。

僕が就職した頃、法律で守らなければいけないのは 55歳定年で60歳は努力義務としていた。
当時は、バブルで人手不足だったので、入った会社は60歳定年だったが、55歳=サラリーマンの定年、のイメージがある。
「いやー、よかったわ、うちの会社の定年が55歳じゃなくて60歳で」
ってなる未来なんて想像できなかったが、その年が来てしまったことはショックである。

入った会社は 60歳定年だったが、みんなすぐ退職するし、社長が創業した会社だったので定年に達した人いなかったと思う。
IT業界の 60歳定年は、言ったもん勝ちだなと思っていた。

途中で 60歳定年になったよな、と思ったが
1994年の改正(1998年施工)で60歳未満定年制が禁止になったそうな。
今は、会社は70歳まで働く機会を確保する努力義務が課せられているらしい。

ありがたいことに大病はしていないが、そういえば最近体がしんどい。
頭を使っているだけで、体は使ってないのに、朝から仕事してると終業の頃には頭ぼーっとしてるし、親の世代だったら定年退職の歳なんだなぁと思う今日この頃。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Firebird の Rust ドライバー [Firebird]

これは、Firebird Advent Calendar 2021 https://qiita.com/advent-calendar/2021/firebird の 23日目の記事です

Firebird の Rust ドライバーといえば、 rsfbclient があります

- https://crates.io/crates/rsfbclient
- https://github.com/fernandobatels/rsfbclient

・・・が、私も、習作として Rust のドライバーを書きました

- https://crates.io/crates/firebirust
- https://github.com/nakagami/firebirust

昨年のうちにワイヤープロトコルの部分はできていたのですが、
rsfbclient がリリースされて、挫折しそうになっていました。

自分の Rust の習作としても、ワイヤープロトコルのサンプル実装としても、完成させた方がよかろうということで、
その後、開発を再開させ、なんとか今年になって完成させることができました。
一言で感想をいえば「Rust 難しい」です。
まだ、自分の中で消化しきれてない状態で Rust を書いて、ここ数ヶ月は書いてないので、もう Rust 忘れそうです。

Python の PEP-249 や、go の database/sql や、Julia の DBInterface.jl のような決まったインターフェースは
ないっぽいので、これでいいのかどうか確信が持ててません。
「〇〇のデーターベースドライバーでは、こういうことができるので firebirust でもできるようにしたほうがいいのではないか」
というリクエストがあったら Issue に書いて欲しいと思いっています。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Azure SQL Database と Python ドライバー [Python]

これは、
Data Platform for Microsoft Azure Advent Calendar 2021 https://qiita.com/advent-calendar/2021/azure-data-platform の 18日目です

Azure SQL Database は、SQL Server なので、SQL Server のデーターベースドライバーをインストールします。

SQL Server で公式に Python のドライバーとして pyodbc と pymssql が紹介されています。
https://docs.microsoft.com/en-us/sql/connect/python/python-driver-for-sql-server?view=sql-server-ver15
pyodbc は、Windows 以外だと、ODBC ドライバーのインストールが必要です。
Windows 以外で使う場合で、 ODBC ドライバーのインストール関連で、うまく動かないなーと言う場合は、Free TDS を使っている pymssql なら、普通は pip install pymssql だけでうまくいくと思います。

それ以外に、 pure python で書かれた pytds と minitds (拙作) があります。

pytds は pip install python-pytds でインストールします。
TDS で接続する場合(Azure SQL と接続する場合)は pip install pyOpenSSL で pyOpenSSL をインストールする必要があります。 pyOpenSSL の部分は pure python ではないです。

minitds は、周辺ライブラリも含めて pure python ですが、テストが十分でないかもしれません。
何か不具合があったら Issue に登録してください。

最近は、パッケージが wheel になっている場合が多いので、真に pure python が必要な場合はあまりないと思いますが、以前 Pythonista http://omz-software.com/pythonista/ で minitds を使っているという方からメールで質問をいただきました。確かに Pythonista のような環境では pure python である必要があると思います。
(他に、こんな状況ってあるかな?M1 Mac とか?)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Firebird の Julia データーベースドライバー [Firebird]


これは、
Firebird Advent Calendar 2021 https://qiita.com/advent-calendar/2021/firebird

Julia Advent Calendar 2021 https://qiita.com/advent-calendar/2021/julia
の16日目の記事です

今まで、色々なプログラミング言語で Firebird のドライバーを書いてきました。

調べてみると、ここら辺に Julia の各種ドライバーがあって(Firebird のはなくて)
https://github.com/JuliaDatabases
DBInterface.jl のインターフェースを定義すればよいということがわかってきました。
https://github.com/JuliaDatabases/DBInterface.jl

さらに
https://nakagami.blog.ss-blog.jp/2021-12-03
Julia を書いてみた感じ、今まで書いてきたドライバーのソースコードを参考にすれば Julia でも書けそうということになりました。

・・・というわけで Firebird のドライバー書きました。
https://juliahub.com/ui/Packages/Firebird/pPw8v/0.2.2

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

paramiko を使い git リポジトリに ssh 接続をする [Python]

これは、 Python Advent Calendar 2021 https://qiita.com/advent-calendar/2021/python の14日目の記事です

そもそもの始まりは、この時 https://nakagami.blog.ss-blog.jp/2021-12-04
SageMaker Studio Lab から git リポジトリに ssh 接続できるとうれしいなぁ、と思ったこと。
git コマンドがあって ssh コマンドがない環境ってあんまりないと思うけど、これはそういう状況。

ssh 接続できると
- プライベートリポジトリにアクセスできる
- push できる
という利点がある。

GIT_SSHという環境に ssh 接続するコマンドを指定できることは知っていた。
なんとか、 SageMaker Studio Lab の環境で ssh 接続できないか・・・

試行錯誤の末、こんなスクリプトができあがった
https://gist.github.com/nakagami/bdae2e98bab06461041b169936c6bb70

Linux の場合(おそらく macOS/BSD でも)こんな感じ

1. ssh-keygen -t ed25519 -C "your_email@example.com" でキーペアを作る → .ssh/id_ed25519 と .ssh/id_ed25519.pub が生成される
2. https://github.com/settings/keys の SSH keys に ~/.ssh/id_ed25519.pub を登録
3. pip install paramiko
4. gitssh.py をどこかに置いて実行権限をつける (chmod +x gitssh.py)
5. .bashrc に環境変数 GIT_SSH として、gitssh.py のフルパスを設定(export GIT_SSH=/path/to/gitssh.py)

のような手順のあと、
git clone git@github.com:github/docs.git
で、ssh 接続 でリポジトリを clone できる。

秘密鍵は ${HOME}/.ssh/id_ed25519 を使うようになっているが、他のパスの秘密鍵を指定したい場合は gitssh.py の該当部分を書き換えて使う

・・・さて、そもそものきっかけであった SageMaker Studio Lab では、
上記で作成した公開鍵を .ssh/id_ed25519 に置いて、環境変数を設定してもうまく動かない。
outbound の port 22 が塞がれているようだ。残念。

幸いにも、 GitHub では、 443 ポートを使って ssh 接続できる。
Using SSH over the HTTPS port
https://docs.github.com/en/authentication/troubleshooting-ssh/using-ssh-over-the-https-port

スクリプトの
PORT = 22
となっているところを
PORT = 443
と変更し、
git clone git@github.com:github/docs.git
でなく
git clone git@ssh.github.com:github/docs.git
と、ホストに ssh.github.com を指定すると clone できた。

めでたしめでたし
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Db2 (と Apache Derby) の pure python ドライバー [Python]

これは、 Python Advent Calendar 2021 https://qiita.com/advent-calendar/2021/python の11日目の記事です

今週 pure python の Db2 データーベースドライバ pydrda の最新バージョン (0.4.5)をリリースしました
https://pypi.org/project/pydrda/

最初に Db2 で動くようにできたのがこの頃
https://nakagami.blog.ss-blog.jp/2019-05-06

実のところ自分が、このドライバーのテストのために動かしている以外に Db2 で動いているのを見たことがなかったので、
(設定やインストールの問題で、自分以外には動かせていないんじゃないかという)
一抹の不安があったんですが・・・
この↓「不正なパスワードだと無限ループする」という不具合の修正の pull request で
https://github.com/nakagami/pydrda/pull/9
自分以外に動かせている人がいるということがわかりました。
・・・というわけで、今週、この pull request をマージしてリリースしました。

ちなみに IBM 製の python ドライバーは、これ↓
- https://pypi.org/project/ibm-db/
- https://github.com/ibmdb/python-ibmdb
API が PEP 249 に従ってなくて、python でデータベースにアクセスするプログラムを書いたことある人には難しく感じるのではないでしょうか。
また、C拡張の部分があるので、インストールにハマることもありそうです。
https://github.com/ibmdb/python-ibmdb/issues
(Mac から使えないという Issue 多いけど、海外では Mac から Db2 に接続するとかあるのか。日本では、その組み合わせはあまりなさそう)

Db2 に python で接続したい人(いれば) pydrda 使ってみてください

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

LibreOffice Base 7.2 の Firebird サポート [Firebird]

これは Firebird Advent Calendar 2021 https://qiita.com/advent-calendar/2021/firebird の9日目の記事です

LibreOffice Base の Firebird サポートについて書いたのは2年前の Firebird Advent Calendar 2019 で、その時は LibreOffice 6.3 でした
https://nakagami.blog.ss-blog.jp/2019-12-14

今回、 最新の LibreOffice 7.2 をインストールして Base のファイルを作成しようとした時に

- Create a new database の Embedded database で Firebird が選べなくなっていた(HSQLDB Embedded だけになっていた)
- Firebird のデーターベースファイルを読み書きしたい場合は、Connect to an existing database でデータベースファイルを選択する
- Connnect to an existing database で、Firebird File を指定。ホストとパスを指定(リモートのデータベースサーバーを指定)することも可能

というように変わっていました。
スクリーンショット 2021-12-09 8.03.40.png
スクリーンショット 2021-12-09 8.04.10.png








Base のファイルの中に Firebird のデーターベースファイルが埋め込まれているのは、いささか無理矢理感あるなと思っていました。
ですので、個人的には、これでいいと思うのですが、LibreOffice 6.x の時と動作が変わってしまっていて、なかなか思い切った変更がなされるな、と驚いているところです。
ちなみに、Firebird4.0 のファイルを指定したら、 ODS のバージョンが違うと怒られました。

Firebird4.0 が読めるクライアントライブラリをリンクするようにしたら Firebird3.0 のファイルが読めなくなるかな?
Ubuntu の Firebird が、いまだに 3.0 なんだけど、これが LibreOffice との兼ね合いでバージョンが上げられない、という事情だったら、いつ 4.0になるかわからないな。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -