SSブログ

システム開発を内製にしました、という話を聞いた [日記]

最近
「システム開発を外注から内製にしました」
という話を、直接、間接に聞くようになってきた。

それはいい話ですね、と思う。

- 優先度を臨機応変に変えられる
- 直接雇用で、費用を有効に使える
- 開発者のモチベーションアップ(良いものを作れば収入が増えるなど)
- 誰がどう役割どれくらい貢献したかがみえやすい
- ノウハウが残りやすい

と、いいとこだらけに見える。

言っちゃなんだが、我々受託開発の業者なんて社会の必要悪なんじゃないか。
インフラが AWS で用意できてデータベースも RDSみたいな managed なもので用意できるように、なったのは、内製化しやすくなった一因なんじゃないかと思う。
プログラマーは転職しやすいから、募集をかければ中途での採用もしやすい

・・・ところが、そこからしばらく経ってどうも、その内製化がうまくいってないという話も聞く。
社内下請けみたいになっちゃうのかな?
結局、採用した人がいい人かどうかに依存するんだろうけど、外注なら業者を変えればいいけど、雇用しちゃったら辞めされられないし、うまく行かないとなったらそれはそれで大変そうだな。

アメリカなんかだと内製7割、外注3割と聞くし、上にあげたように内製化のメリットはあると思うので(経理や総務が自社内にあるように)システム開発を自社でやる比率が増えていく・・・んじゃないかなぁ。
化学とか機械とかのメーカーやサービス業で働くプログラマーは、情報の学位をとった人がいいんだろうか?化学とか機械とかマーケティングとかの学位をとった人のほうがいいんだろうか?

僕は、小学生や中学生からの(さらには高校生ですら)プログラミング教育には反対なんだけど(それより数学とか英語やって欲しい)あらゆる会社でシステム開発するなら、義務教育を受ける全員がプログラミングの経験があったほうがいいのかな?
なかなかつらい時代だ。
コメント(0) 

Project Tsurugi に期待しているが期待していない [日記]

NEDO の予算で、 Tsurugi という DB エンジンの開発が進んでいるそうな。

https://togetter.com/li/1787050

国内のソフトウェア開発プロジェクトなので、日本のソフトウェア開発の事例として是非とも成功してほしい。税金が無駄になって欲しくない。
贅沢は言わないので、とりあえず動くものができればいいなぁと思っている。
なんなら、SQLを実行するパーサーはできてなくても、正味エンジン部分だけでもいいんだけど・・・

でも、動くものはできなくて、ほんの少しの論文が出て終わるんだろうなぁ、とも思っている。

いつまで経っても、動くものの片鱗もみることがない。
今の時点でも机上の空論みたいな、絵に描いた餅みたいな話しか出てない。
もう、プロジェクト期間の半分以上が経過してるのに、具体的なものが何もない(何もないよね?)のにNEDO の人たちは、机上の空論みたいなパワポ資料で納得するしかないんだろうなぁ。
今までにないすごいものを作る!じゃなくて Cassandora を魔改造しました!みたいなところから始めればいいのに。

来年の今頃には結論は出ているだろう。
自分の予想が外れていることを祈る。
コメント(0) 

Rust 2021 [日記]

Rust 1.56 がリリースされ、cargo.toml に、 2021 edition が指定できるようになった
https://blog.rust-lang.org/2021/10/21/Rust-1.56.0.html

自分が趣味で Rust のコードを書くようになったときにはすでに 2018 edition が使えるようになってだいぶ経ってからなので、使える edition が上がるのは、初めてのことだ。

手元の環境と、手元のプロジェクトで

rust update stable

で Rust のバージョンをあげて cargo.toml の edition を "2021" にして

cargo test

を実行してももテストがパスするし

cargo fix

を実行しても何も変更されない。
ちょっと緊張していたのに、拍子抜けしてしまった。
・・・と思ったら git push したら github actions でエラーになってしまった。
github actions の Rust のバージョンは、1.55 だそうな。なるほど。どこに地雷があるかわからんな。
ただ、github actions の Rust のバージョンは、すでに 1.55 なんで、すぐに 1.56 に上がりそう。
コメント(0) 

MINORIの6年使ったHDDが壊れた [日記]

みずほの今年4回目のシステム障害が、HDDの故障に端を発したものだったらしい。
https://kabumatome.doorblog.jp/archives/65986596.html
オペミスとか、運用のノウハウが失われているとか、色々言われているが、
自分が最初に原因を聞いた時の感想は
「HDD 6年も使ってるのかー」
ということだった

全面稼働したのが 2019年7月13日だそうだから、まだ始まったばかりで、機材は新しいというイメージだったが
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/02566/
移行作業も長いことかかってたし、当たり前か・・・もう、次の戦いが始まっていた。
6年といえば、リース(5年)を延長してる。でも、自分が担当者だったとしてもリプレースするの怖いからリース延長しちゃったろうな(ダメだけど)。
リース延長って、1年毎にしてたのかな?まさか HDD のストレージ機器だからいきなりあと5年とか伸ばさないよな・・・
毎年、1年ごとのリース延長の決裁してたと思うけど、他のサブシステムも含めて、もう簡単には通らないな。
それはそれで大変そう。

せめて、HDD(玉)を予備的に交換すればよかったと思うんだけど、ベンダーが、同じ型番のHDDの交換しか保証しませんとか、とかいうんだよなぁ。

使ってないから大丈夫と言えば大丈夫だけど、保守用に大事に取っておいた6年前のHDD って、それはそれで不安だよな・・・と思う。
ああいう時のベンダーの「保証する/しない」ってあんまり意味ないよなぁ。
障害が発生したときに、該当ハードの交換はしてくれるけど、システム障害で発生した損害について責任取ってくれるわけじゃないから。

今更だけど、統合したシステムが始まると、それはそれで問題がいっぱい出てきて、きっと富士銀行の IBMのシステムに寄せるのが一番よかったんだろうなぁ。

これからも、色々問題が出ると思うけど、ニュースになりながら、10年とか20年とかかけて、徐々に改善していくしかないだろう。
間違っても
「こんなシステムはダメだ。作り直しだ。」
と、金融庁が言い出さないことを祈る。
コメント(0) 

Github actions の ubuntu16.04 が削除されてしまった [日記]

いくつか、Firebird RDBMSのドライバーをメンテナンスしている。
Ubuntu16.04 には Firebird 2.5 のパッケージが、Ubuntu20.04 には Firebird3.0 のパッケージが用意されているので
Github actions でのテストは、それぞれの Ubuntu のバージョンで Firebird2.5 と Firebird 3.0 のテストをするようにしていた。

ある日、
「突然 Firebird2.5 の Github actions でエラーになってしまったぞ?」
ということになったのだが、イメージが削除されてしまったようだ
https://github.com/actions/virtual-environments/issues/3287
ショック!
僕の感覚だと Ubuntu 16.04 が出たの、ついこの前って感じなのに!

Firebird は結構古いバージョンを使っている人いるから、2.5でもテスト回したいなぁ・・・
結局、コンテナで Firebird2.5 を動かす奴を発見して、今回はことなきを得た。
https://github.com/marketplace/actions/setup-firebirdsql

趣味のプロジェクトなら自分の都合で、いかようにもできて、なんなら今回 Firebird2.5 のテストできなくなっても仕方ないなぁと思ったが、諸般の事情で、仕事で5年以上前のバージョンの OS やミドルウェアをメンテナンスする人は大変だろうなぁ。

最近、Ubuntu16.04 と Ubuntu18.04 でESM が +3年だったのが +5年になったという記事を読んだ。
https://gihyo.jp/admin/clip/01/ubuntu-topics/202109/24
Canonical のサポート受けて 10年使うぞ・・・と思っても、こういうところでサポートされなくなるので、なかなか10年使い続けるのは難しいんだろうなぁ。
コメント(0) 

COVID-19 のワクチン副反応 [日記]

https://nakagami.blog.ss-blog.jp/2021-09-18 の続き

1回目は、当日は発熱なく、翌日に 37.7度くらいの発熱があって
「やっぱ副反応ってあるんだなー」
と思う程度だった。
2回目は、当日の寝る前に 37.7度になっていて、
翌日の朝6時に起きてしまって、その時に測ったら 38.9度だった。
ピークはその時で、午前中は38度台、午後の3時頃には37度台になった。
翌々日の朝(今)は36.7度で平熱に戻った。

かみさん(ファイザー)は、1回目も2回目も翌日に37度台で
自分と同じモデルナのワクチンをを昨日打った娘は、今朝(今)38.7度。
副反応の発熱は年齢性別個人によって色々らしく、娘は自分よりも発熱続きそうなんだが、さてどうなるか。

自分のためにも社会のためにもワクチン接種は必要で、
来年には3回目もありそうだけれども、もし同じくらいの副反応が出たら社会生活をしていくのはしんどくて、
働いている人が仕事を休まなくて打ちたくないとなってしまうのを全否定することはできないな、と思った。

アルバイトで生計を立てている人やアルバイトが必要な大学生のために日当をあげられないかと思う。

(追記)
娘は結局、接種翌日に 39.5度まで上がったが、解熱剤でうまくコトントロールできていたみたい。
若い子の防御能力ってすごいな
コメント(0) 

パートのおばちゃんのかみさんに感謝 [日記]

かみさんは、僕の卒業した大学学科の一年後輩で
最初に妊娠した時に仕事を辞めて、下の子が幼稚園に入った頃から、
その時々の事情に合わせて時間を増減させながら、今はパートタイムで働いている。

時々、
「かみさんが動物病院を開業してた未来もあったかもなぁ。そしたら大変だったろうなぁ。」
と思うことがある。
僕が子育てや家事に協力的だったり、子供がいなかったりしたら、かみさんの人生は
もっと華々しく豊かなものにものになったのかもしれない、と思うと申し訳ない。

女だというだけで(というのは言い過ぎかもしれないが)子育てや、
母が介護施設に入るまでのこと、義父の最期までのことなど、
かみさんのキャリアを犠牲にして任せていたことがある、、、と僕は思っている。

世の中で、(特に高校や大学で知り合って結婚したなんて人)
「俺が食わせてやってる」
みたいなこと言ってる人いるけど、よくそんなこと言えるな。
コメント(0) 

宛先間違いメールが来たら教えてあげるかどうか [日記]

nakagami@gmail.com というメールアドレスを使っている。
google が gmail を始めた時に作ったアカウントで、googleがそのサービスを使い続けるとも限らなかったので、
最初は、とりあえずとった、という感じだった。

当時はメールアドレスにしか使い道がなかったが、そのうち、google で色々なWebサービスができたり
oauth 認証で他のアプリに連携するようになったりして、こんな大事なものになるとは思ってなかった。
他人にメールアドレスを口頭で教える時にも便利。

こういうメールアドレスには、全国の nakagami さん宛の間違いメールが届く。
今日も、中神工務店宛の業務の間違いメールが来た。

以前は、間違いだって返信するのも気まずいし、届かなかったらわかるだろうからと思ってほっておいた。
最近、間違いですよというメールを送ると感謝の返信が来たりするので、
怪しくない、(なぜそうなっているかはわからないが)間違ってきたメールには返信するようにしている。

それにしても、ああいう間違いメールは、メールアドレスを教える方が間違えてるんだろうか?
送る方が勝手に(思い込みで)間違えているんだろうか?

コメント(0) 

駆け出しエンジニアが会社を辞めることについて [日記]

今日も、twitter で
「公務員辞めて未経験からソフトウェア開発会社に入って4ヶ月で辞めてフリーランスになった」
という話が炎上してた。
https://togetter.com/li/1774201

(誤解を招かないように書いておくと、これから書く話は自分の所属する会社の話ではありません)

新型コロナのご時世で経営の苦しい会社が多い中 IT業界はリモートで働くことができることもあり景気も落ち込まず、ということからか、3K職場の典型だったのに、最近は人気業種らしい。
隔世の感を禁じ得ない。
よって採用は難しく、小さい会社ほど経験者を採るのは難しいので、未経験者でやる気のある人を・・・ということになるようだ。
新たに人を育てるのって、ほんと大変なので、業界に新しい人を参入させてくれるそういう会社には頭の下がる思いだ。

で、そんな未経験で入った人が数ヶ月経ったらいきなり辞める、という話もよく聞く。
未経験で拝み倒して入社した人は数ヶ月で辞める時に、
「踏み台にしてやったぜ」
「さらにステップアップを」
と思うのかもしれないが、採用した側から見ると、
「裏切られた」
というよりも、
「まだ何もできないのに、勘違いさせてしまって申し訳ない」
「次の職場で挫折せずにやっていけるかなぁ」
「自分のところで新しいキャリアを始めさせてしまったので、今後うまく行かなかったら責任を感じる」
という思いのが強いんじゃないかと思う。
だから、辞めてもたまに元気な様子で連絡とってくれたりすると嬉しい。
そんな人滅多いないけど。

IT業界は転職を重ねているので、転職するのはお互い様だけど、
失敗した転職を経験した人の数も多くて、心配しちゃうんじゃないかな。
少なくとも、僕はそう。

そもそも、転職していく人って、自分はもう十分一人前だと思うんだろうか?
ここで学ぶことはもうないから次のステップへ・・・と思うんだろうか?
業務経験がなくて数ヶ月では、はたから見ると「ようやく慣れてきたな」って

あと、若い人にはフリーランス指向というのがあるみたいだけど、あれもよくわからない。
自由な働き方っていう感じがするのかなぁ・・・
サラリーマンは法律に守られてるから、サラリーマンがお勧めなんだけどなぁ
コメント(0)