SSブログ

Julia の第一印象 [julia]

文法は Python に似ている。もっというと、型が指定できてそれがコンパイルしてバイナリになって速く動く Cython に似ていると思った。
自分は Ruby はわからないけど、おそらく Python や Ruby と言ったスクリプト言語書いている人ならとっつきやすいのでは。

- 配列のインデックスが1始まり
- クラスとかメソッドとかはなくて、関数の引数の型によって同じ名前でも呼ばれる関数が変わる(多重ディスパッチ)でオブジェクト指向的な処理が書ける
- 配列は多次元配列が基本で、Python でいうところのリストは、1次元の配列
- C, Python, R などの実装を呼び出す機能が充実している

というあたりが特徴的かなと思っている。
もっと慣れてくると違うことを感じるかもしれないけど。

数値計算をしない(数学がわからない)ので、そうすると Julia を使うメリットは自分にはそれほどないのかなと思っている。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しいプログラミング言語を学ぶこと [julia]

年末年始に Julia の本を読み始め、少しコードを書いて、これはいけるかな?と思っているところ。

過去 Perl, PHP, Scala は、何度本を読んでもしっくりこなくて、少しコードを書くところまで行かずに挫折してしまった。
条件分岐、式、関数あたりの説明を読んで理解したつもりでも、
「僕の知っている言語だとこう書くけど、新しいこの言語ではどう書くのか?」
という時によくわからない場合があって、そうなると挫折ということになる。
仕事で、どうしても必要になったらまた違ったかもしれないけど、今となっては Perl, PHP, Scala を僕が書くことはなさそうなので、これらはマスターできないまま終わってしまった。
結構時間かけたんだけどなぁ。
Julia は、ちょっと書いてみて雰囲気掴むところまで来たので手応えある。

「このプログラミング言語がすごい」みたいな話を聞くと気になっちゃうけど、僕の残りの人生の時間と、新しく学んだプログラミング言語で書く成果まで考えると、もう(Juliaの次の)新しいプログラミング言語の習得は無理なのかなぁと思う。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感