SSブログ

せきが止まった [日記]

5/8に発熱が始まって 5/12に熱が下がって、5/14には咳以外の症状はなくなった。
5/16あたりにはウイルスの放出はなくなっていている感じだったが、ずっと咳が止まらなかった。
今朝、ようやく(やや喉に違和感はあるものの)咳が止まったなという感じ。

3年くらい前の、まだ多くの人が重症化してた時に、酸素吸入や ECMO 付けている人が
「もう感染の危険はなくなったので、一般の病院に移って欲しい」
って言ってたのは、こういう状態(のひどいやつ)だったんだな。

今まで、何回か忘れたが、打てる時はワクチンを打って、ウィルスも弱毒化したおかげで、軽症ですんで、医学の勝利だなと思った。
やっぱり、まだ COVID-19 のワクチン打ってない人は死ぬほど重症化するんだろうか?
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

油断した [日記]

2024-05-10T15:17:57.JPG
5/5, 5/6 で親戚の葬式のために故郷に帰っていた
5/8 の夜中に頭痛
5/9 の朝に発熱が発覚。家にあった COVID-19 の抗原検査キットで陰性。市販の解熱薬で熱下がったり、また上がったり
5/10 の昼に再度抗原検査キットで調べたところ、はっきりと陽性。熱が下がらないのが辛い
5/11 同居の娘とかみさんが発熱。この頃、自分の咳が激しくなってくる
5/12 自分の熱が下がる。引き続き熱がある
5/13 娘とかみさんが近所の発熱外来に行って、娘だけゾコーバ処方してもらう。解熱剤と咳止めはもらう
5/14 娘の熱が下がる
5/15 かみさんの熱が下がる
5/16 3人とも咳は残っていて、苦しい

以上のような経過をたどって、我が家初の COVOD-19 は収束に向かいつつある。
ブレインフォグとか、味覚障害、嗅覚障害にはならなさそう

この程度なら、インフルエンザと同じくらいなので、(もちろん重篤になって死んじゃう人もいるだろうけど)5類っていう扱いでいいんだろうなぁ

発熱外来に行ったかみさんによると GW に人の移動が増えると COVID-19 の患者も増えたそう
コメント(0) 
共通テーマ:moblog

失われた30年の間に得たもの [日記]

1. 治安がよくなった(+公共の場所が綺麗になって、みんなの行儀が良くなった)
2. 交通死亡事故が減った
3. 医療が発展してガンが寛解する例が多くなった
4. 公共交通機関(特に首都圏の電車)や道路が整備されて便利になった
5. コンビニの商品やサービスがさらに良くなった
6. マンガのレベルが上がった
7. アニメのレベルが上がった
8. 商業音楽のプロやアマチュアでレベルの高い人が増えた
9. 英語のできる若者が増えた

・・・あと何かあるかな。
とにかくイラストを書くとか音楽をやるとかっていう若者のレベルが高い。
サッカーも野球もそのほかのスポーツも、30年前に比べたら世界に出ていっている人がいっぱいいる。
裾野が広がりレベルが上がったおかげで頂点に立つ人たちがすごくなってると思う。

残念ながら経済指標をみると経済は停滞しているからなんとかしたいけど、この30年で、ダメなことばかりではなかったと思う。

海外に出る若者が減ってるって話も聞くけど、インターネットの普及もあり、日本にくる外国人も増えて、バブルの頃に英語もろくにできない人間が駐在や会社の金で留学していたのに比べたら、今の若者の方がよっぽどグローバル人材だと思う。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感